節税のイロハ

節税のイロハ
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 減価償却資産の一括費用計上 | main | 繰延資産の償却 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
    福利厚生費の利用
    0
       

      従業員の福利厚生のための費用は必要経費に算入できます。たとえば、以下のようなものが福利厚生費に該当します。

       

      ・残業食事代 通常の勤務時間内に従業員に食事をさせた場合の費用は、給与となり、必要経費に算入できるものの、従業員には所得税が課税されます。ですが、通常の勤務時間を超えて仕事をした従業員に食事をふるまった場合、福利厚生費として必要経費に算入できるとともに、従業員に所得税が課税されることもありません。

       

      ・従業員の食事代 事業主が従業員の食事代を支払った場合、通常、従業員に対する給与の支払いとみなされてしまします。しかし、従業員が食事代の50%以上を負担し、事業主の負担額が従業員1人につき月額3,675円以下であれば、給与ではなく福利厚生費として必要経費に算入でき、従業員のほうでも所得が発生することはありません。

       

       節税効果があると同時に、効果的に利用することで従業員のモチベーションを高めることにもなるので、計画的に実施していくと良いでしょう。
      | - | 11:57 | - | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 11:57 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
        この記事のトラックバックURL
        http://yone3584.jugem.jp/trackback/10
        トラックバック