節税のイロハ

節税のイロハ
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 所得控除の利用 | main | 税額控除(雇用促進税制) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
    医療費控除
    0
       

      医療費控除は所得控除の中でも代表的な控除で、よく利用されていますので、紹介しておきます。

      医療費控除は、1年間の医療費が10万円以上であれば所得控除をうけることができます。医療費の範囲としては、風邪薬の購入費用や医者の診療費、入院費用などはもちろんですが、治療のためのマッサージや、歯の矯正費用等も含まれてきます。また、バスやタクシーなどを利用して病院へ通う場合の交通費も医療費控除の対象になります。

      基本的に医療費の領収書や交通費の領収書などは年末まできちんと保管しておき、確定申告のときに集計してみるとよいでしょう。

       ただし、医療費控除はあくまでも所得控除であり、さらに控除金額は支払った医療費から一定の控除額(合計所得金額が200万円以上の場合10万円。合計所得金額が200万円未満の場合合計所得金額×5%)を差し引いた金額となります。

       

      (例)

      仮に所得金額が100万円で、所得控除は基礎控除38万円のみの場合と、基礎控除及び医療費控除のみの場合とで比較してみましょう。なお、税率は5%となります。

      まず、基礎控除のみの場合、税額は(100万円−38万円)×5%=31,000円となります。

      次に医療費控除も合わせた場合、医療費の年間支払い金額は12万円とすると、まず、医療費控除の金額は12万円100万円×5%70,000円となり、税額は(100万円38万円7万円)×5%となり、27,500円となります。

       

       医療費控除は、実際のところ節税効果としては少ないですが、割と簡単に利用できる節税方法です。
      | - | 12:01 | - | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 12:01 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
        この記事のトラックバックURL
        http://yone3584.jugem.jp/trackback/13
        トラックバック