節税のイロハ

節税のイロハ
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 生計を一にする親族に対する支払い | main | 減価償却の償却方法 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
    事業所得者等の必要経費
    0
       

      所得税法では、不動産所得や事業所得、雑所得から必要経費を差し引くことが認められています。では、この必要経費とは何なのか。


       簡単に言えば、必要経費とは、事業収入を獲得するために必要な支払いのことをいいます。いったいどこまで必要経費が認められるのかが問題ですが、その判断はなかなか難しいところがあります。個人の場合には、事業用の支払いと個人の生活用の支払いが混在している場合が多いためです。その場合、必要経費としては事業用の部分に係るものしか算入できません。いわゆる按分計算が必要になってきます。


       たとえば、車両を事業用でも使い、生活用でも使っている場合、きちんと区別しなければなりません。その按分方法としては、たとえば走行距離を記録してみるのがよいでしょう。また、賃貸アパートなどで事務所兼自宅として借りている場合であれば、事務所のための使用面積と、生活のための使用面積とで按分することが考えられます。


       実態に応じた必要経費を計上し、またその明確な根拠を示せるようにしておきましょう。
      | - | 11:54 | - | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 11:54 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
        この記事のトラックバックURL
        http://yone3584.jugem.jp/trackback/7
        トラックバック