節税のイロハ

節税のイロハ
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 減価償却の償却方法 | main | 福利厚生費の利用 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
    減価償却資産の一括費用計上
    0
       

       減価償却資産は必ず耐用年数に応じて徐々に費用計上しなければいけないかというとそうではありません。


       金額によっては一括費用計上できるものもあります。基本的に10万円未満の資産については、その年度において全額費用計上ができます(一般的には「消耗品費」として処理)。また、資産の取得価額が20万円未満の場合には、一括償却資産として、取得価額の合計額の3分の1を、取得の年以後3年間にわたって償却することが認められています。さらに、青色申告者で10万円以上30万円未満の資産を取得した場合には、年間合計300万円を限度として、30万円未満の資産の一括費用計上が認められています。


       少額の資産を購入した場合は、上記の制度が利用できないか、チェックしてみましょう。
      | - | 11:56 | - | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 11:56 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
        この記事のトラックバックURL
        http://yone3584.jugem.jp/trackback/9
        トラックバック